TS4

TS4 with cover open

TS4共通ジャンクションボックス・プラットフォームを用いると、セーフティ機能からパネル単位の診断やエナジーハーベスト(環境発電)の最大化にいたるまで、お使いのプロジェクトやカスタマーのニーズに応じて必要なオプションの選択が可能になります。TS4共通ベースプレートは、電子機器が搭載された複数のTS4カバーの1つに対応させることができます。こうした組み合わせが次世代のジャンクションボックスを形成します。これはパワフルなPV 2.0通信中心のバックエンド・アーキテクチャを伴う、交換・アップグレード可能な柔軟性に優れたプラットフォームです。


より長いストリング (パネル枚数の増加)
TS4-L

The TS4-L is the complete smart module solution. It is ideal for systems requiring fully optimized performance at the module level,as well as monitoring, safety, and longer strings. Fewer BOS components allow for faster installation and reduced SKU management.

  • ストリング長が最大30%まで延長
  • インバーターの最適化
  • BOS 部品の低減
  • 配線による損失電力量の低減
  • 設置時間の短縮
  • さらに、最適化から得られるすべてのメリット

最適化 (タイゴの後付けタイプに同じ)
TS4-O

The TS4-O bundles the Tigo smart module features into one seamless unit for enhanced energy yield and increased design flexibility. TS4-O is ideal for roofs which are challenged by shading, but do not need longer strings. In addition to safety, monitoring, and PV 2.0 synchronization, TS4-O optimizes each module when shade drops their performance. With optimized modules, more roof space can be used to maximize energy production.

  • 影・劣化に対する耐性
  • 屋根の使用率を最大化
  • エネルギー出力の増加
  • さらに、安全性から得られるすべてのメリット
  • 設計の柔軟性が向上
 

安全性
TS4-S

For installations unencumbered by shading, the TS4-S provides the necessary safety and monitoring services to ensure your systems meet local fire regulations, while also providing you and your customers increased insight into system performance.

  • NEC 690.12 即時停止要件に適合
  • 過温度保護
  • パネルレベルでの無効化
  • さらに、モニタリングから得られるすべてのメリット
  • 自動停止または手動停止
 

モニタリング
TS4-M

予想される耐用年数25年を超えて太陽光発電システムを使い続けるためには、保守点検を予測・実施することが肝要です。パネル単位のモニタリングを介してシステムの性能を確認することで、システムの稼働時間を最大化し、性能の問題が深刻な問題に発展しないうちに突き止めることができます。TS4-Mを使用すると、カスタマーサポートや継続的な運転管理・保守点検を支援するため、システム全体のモニタリングを定期的に実施できます。

  • 稼働・点検保守費の削減
  • CRM統合
  • PV-2.0 データ同期化
  • 製品保証のトラッキング
  •  バーコードによるパネル追跡
  • チーム管理
  • 全体管理
 

ダイオード (既存の接続箱に同じ)
TS4-D

TS4-Dは、TS4製品群の構成ブロックとなるタイゴのスマートソリューションです。ジャンクションボックスのカバーにダイオードが埋め込まれた基本システムにより、弊社製品を採用している太陽光パネルメーカーは、従来型モジュールとスマートモジュールのいずれでもTS4ベースプレートを標準とすることができます。

  • 標準のジャンクションボックスに同等
  • 作業現場で取替と拡張が可能
  • 基本のTS4 ベースプレートで標準化
  • 太陽光パネルから離れて放熱
  • 従来のスマートモジュールに適用